コラム更新日記:印刷用ページ

閲覧用:https://kokokki.com/column/9215-chubu_odan_expwy.html

静岡〜山梨間が早くなった!中部横断道の新清水JCT〜富沢IC/下部温泉早川IC〜六郷IC間開通で走ってきました

3月10日E52 中部横断自動車道の、静岡県〜山梨県区間が2箇所で同時開通し、静岡県〜山梨県区間の移動がかなり早く移動できるようになりました。

さっそく今回の開通区間を走ってみました。


今回は山梨県側から上っていきます



今回の開通区間の写真
(今回の開通区間)

矢印の区間でもあります。

静岡県側から1区間。
山梨県側から2区間が同時開通となりました。

そのため、静岡県の静岡市〜山梨県の甲府市まで、車で移動すると2〜3時間はかかっていた区間が、2時間くらいで到着するようになり、かなり楽になりました。

特に今回の開通区間は、山の峠まで行かないにしても、くねくね走る区間でしたので、実際に走るとすごく早く感じます。



今回は山梨県側から静岡県へ



六郷ICの写真
(六郷IC)

六郷ICから、一気に南下します。



下部温泉早川ICの写真
(下部温泉早川IC)

一旦下部温泉早川ICで、今回の開通区間が終了します。

下部温泉早川ICもそうなのですけど、中部横断道のICは、ICのランプから、一般道へ出るまで、ものすごく勾配のある道を走ります。

そうとう高速道路と一般道の高度差があることを感じます。



今回開通の中部横断道にPAはありません



そのかわり増穂IC/PAの区間には、道の駅富士川が併設されていたり。
上りのみ道の駅とは違うPAが、あるそうです。


もうすぐ開通する、南部ICには、道の駅なんぶが整備され、パーキングエリアの代わりに、道の駅が、その役割を果たしております。




富沢ICの写真
(富沢IC)

今回の静岡県側に近い、富沢ICに到着。
富沢ICから一気に新清水JCTまで走ります。



中部横断道の最長トンネルは5kmです



樽峠トンネルの写真
(樽峠トンネル)

富沢ICにのると、途中山梨県と静岡県の県境に入ります。

この県境のトンネルが、中部横断道の最長トンネルだそうです。
約5kmとなっております。


5kmのトンネルは、相当長いですよ。

あと今回の区間はトンネル内に、時々青い照明があるです。
検索などしても、詳細が出てこなく、もしかしたら、心理的に気持ち落ち着かれせる効果かも?

片側1車線は混むとイライラしやすいですもんね。



実際に走っているとあっという間



新清水JCTの写真
(新清水JCT)

無事に新東名の新清水JCTに到着しました。



実際この山道を、清水区まで走ると2時間。
高速道路が開通した事で、1時間ちょっとで走行出来ています。


開通すると、産業用の車もドンドン走りますので、方側1車線の高速道路では、もう少し遅めの見積もりが必要です。
でも、下道に比べるとかなり気持ちも楽になり、静岡県〜山梨県間を走行することができるようになりました。


ネクスコ中日本や各自治体の資料から、開通することで、静岡県でみずあげされた新鮮な魚などが、山梨県へ届きやすくなるなど、高速道路の開通により、かなり便利になる区間なのでした。


岐阜県の方には決して馴染みのある道路ではありませんが、さっそく走ってきました。



車載動画も作ったよ



Youtube:【中部横断道】早くなったよ新清水JCT〜富沢IC/下部温泉早川IC〜六郷間開通で走ってきました

今回から新しいカメラ、新しいマイクで撮影しています。
いろいろ勉強になることがいっぱい。

是非静岡県・山梨県へ行かれた際は、参考にしていただければ幸いです。


(C) SEKKAKU-NET