2015年12月30日 (水) 07時00分 発行

こんな環境でした!サーバを自作で稼働させ10年超のまとめ

0
1998年今から17年前、自分が立ち上げた、ちっぽけなひとりごとのようなホームページが、このサイトのスタートでもあります。

それから1年、1999年に独自ドメインを取得し、1台丸々専用サーバを立ち上げました。その頃は、サーバの設定や意味も全くわからずのスタートでした。




Webサーバの写真
(Webサーバ)

今号はスーパーマーケットや商業以外の話題から、このサイトを運営している者の、10年超に及ぶ、自作サーバの経験をまとめてみたいと思います。




サイト運営当初は、サーバ業者の方にお任せする形で、専用サーバを立上げ、その台数がドンドン増えていきました。

15年前のパソコンのスペックって言うのは、本当今と比べ物にならないくらい、非力でしてね。
とにかく台数が増えていく一方でした。



サーバ運営に必要な知識というのは、その時のサーバ業者の担当者さんから、色々教えていただく事が出来たので、それをきっかけに、自分でも、参考書など知識を得る事が出来ましてね。
もちろん今の時代はネットで調べられる時代です。



その当時のLinuxというのは、今程簡単ではなく、slackwareを使っていましたが、httpサーバもダウンロードして、コンパイル、インストールなんて、凄く面倒な作業だったのです。




ある日、slackware以外にもRedhatと言う画期的なOSが登場します。
プログラムをダウンロードして、コマンドを打つだけで、サーバのソフトウェアがインストール出来るのです。

そのような事情の変化もあり、コスト削減もしたく、運営しているサーバの中から、通信帯域を使っていないサーバを使い、自分でサーバを作り、自分でサーバルームを立ち上げて見ようと思った事がきっかけです。



そして、中古パソコンを買ってきて、試験を始めてみました。




1)サーバルーム第1世代

初めてのサーバルームは、事務所の端っこにパーティションで区切って、ラックを置いて、サーバを立ち上げる形です。

サーバと言っても、ぶっちゃけ自作パソコンにLinuxOSをインストールして、サーバを立ち上げるくらいだったのですね。
この頃のOSはまだ、Redhatでしたね。

この構成でも5年くらいは運営しました。



この時の経験として、分かった事…。

・夏はエアコンで23度維持させないと、ものすごく暑くなる

これを元に夏は良かったのですが、何故か冬の朝、早朝にサーバが落ちる事がしばしば…。



・冬は湿度が低くなると静電気の発生で、サーバが落ちる。

と言う結論に達しました。



自作サーバを運営していて、壊れやすかった消耗品としましては…。

・HDDが壊れやすい(言われるほどでは無いけれど)

・ファンからの異音が発生し易い(そのまま放置するとファンが止まります)

・電源が壊れる事がある


一度だけ落雷で、マザーボードが壊れた事がありましたが、データなどは無事で、マザーボードの交換で復旧しました。

HDDはですね。思ったほど壊れることは無かったですけど、RAIDを組んでいると、頻繁に不安定になりやすかったです。


この頃からLinuxのOSにも、色々事情の変化がありまして、Redhatが完全有料化。
必然的に無料版LinuxはFedoraへと言う流れだったのですね。


でも、Fedoraは開発向けOSで、とにかくリリースが早く、LinuxOSを新しく切り替え必要が出てきたのです。


結果Debian、CentOSなどを使う形になります。
個人的にはDebianがお気に入りです。
これらの経験を元にですね。


本格的に、事務所周辺の地域でも、高速回線を引くことが出来るようになり、全サーバを自作サーバで稼働させる決意をするのです。





2)サーバルーム第2世代

DELLサーバの写真
(DELLサーバ)

事務所以外にサーバをおける所を準備しまして、サーバを稼働させる為に安定した環境を構築することにしました。


・温度管理の徹底
  空調機の導入 (多機能は要らないので、シンプルな空調機)

・湿度管理の徹底
  温湿度計をサーバにセンサー取付、吸気と排気のあたりでサーバにて温湿度を管理
  冬は加湿器を持込

・防塵対策
  一時期防塵工場に居たので、この辺りはどうすればいいのかわかる者でした。
  むやみに人の出入りをなくす。
  大型空気清浄機の導入です。
  その他諸々。



初めて構築したサーバルームに、42Uラックと言う大型ラックを搬入させまして、DELLサーバを購入し、はじめはメーカー製サーバで稼働開始です。

流石に安定していました。
8年間稼働させましたが、設計10年なので、超安定ですね。

ホコリの具合も分かりますよね。
8年間も普通の部屋でパソコンを稼働させると、ファンの所のホコリがスゴイですよね。


だいぶ第2世代のサーバルームも安定してきたので、全サーバを稼働させる為に、ここで自作サーバに切り替えます。




バラックサーバの写真
(バラックサーバ)

構築したサーバがこれです。
通称バラックケース。

バローホームセンターで買ってきた、ラックの棚の反対側にサーバの部品を置くだけ。


この頃多くの企業が、自社のサーバ環境を発表する機会があり、Googleのサーバも日本の国内の大手業者のサーバも、皆ケースをむき出しで稼働させていたのですね。


それに刺激されました。


マザーボードに、HDD、SSD、電源、スイッチ関係
これだけでサーバができちゃうんです。



実際はマザーボードの下にはアクリルの板があります。

また、このサーバケースには、通電対策もしてありまして、感電した時、他のサーバに影響を与えないようにしておきました。


そして、アメリカから輸入したSSD。まだ日本では、SSDは高価な物だったのです。
丁度円高だったこともあり、それなりにお安く購入出来ました。



しかも、ケースに入っていないから、ケースファンも必要無しです。
HDDのファンだけは、今までの経験から、取り付けていました。

42Uラックにとりつける場合、高さは4Uくらい使いますが、手前と奥で2台入ります。


実際このバラックケースのサーバで、6〜7年くらい稼働させましたが、故障無しです。
サーバルームの作り方と最近のパソコンパーツの安定性の向上のおかげですね。


新サーバルームで、壊れた物といえば…。

・メーカーから買ったラックサーバの電源
・ネットワーク機器

でした。





CPUファンの写真
(CPUファン)

CPUファンにもホコリがこれだけ。
6〜7年も回りっぱなしだったのに、それなりに防塵対策も良かったようです。



自作サーバ・自作サーバルームを経験し、運が良かったのか分かりませんが、とにかく10年を超える運営をして、一番の苦労は精神的苦痛です。




サーバを稼働させる為には、何よりも電気が必要です。



夏は雷により瞬間電圧降下が発生し、冬の停電は恐ろしく、断線系が多いので長期に及びます。




これらの電源確保の為に、サーバにはUPSと言う補助電源があります。

UPSも当初はAPC製の大型UPSを使っていたのですが、とにかく高い。

でも、8年くらいは持ちましたね。


第2世代サーバルームを構築するに当たり、その頃何かと資源の物価もあがっていたので、APC製UPSが前ほど出回らなくなっていたのですね。


そこで他社様のサーバルーム公開で、ふと見たUPS。
楽器メーカーでお馴染みのサウンドハウスさんのUPSです。



自分もサウンドハウスのUSPを大量に購入しました。
サウンドハウスさんのUPSは、注意書きがある通り、2〜3年でバッテリーが持たなくなります。



実際に使ってみまして、2年〜3年で本当に使い物にならなくなります。
バッテリーが弱ったり、中には割れたりするのもあります。


APCの場合、こうなったら、警告などの案内がありますが、サウンドハウスのUPSにはこういう通知機能は無いのですね。




コストを下げる為に、自作サーバルームに移って10年。

実はですね。

今インターネットの世界では、サーバ業界は、仮想化・クラウドと言う分野に移り始めています。




これはCPUの多コア化に由来する物なのですけど、とにかく10年前のスペックとは比べ物にならない仮想サーバが、安価に提供される時代です。


15年専用サーバを稼働させましたけど、これを機に、全て仮想サーバに切り替えました。


実際この日記のサーバも、↑のバラックサーバから、仮想サーバに切り替わっています。



10年超に及ぶ運営で、一番困ったのは…。

・ネットワーク機器の故障による障害
 原因特定に時間がかかりやすいです。

・機器がいつ壊れるか分からない、停電がいつ発生するか分からない不安感


現在これらの不安感は、非情に軽減されました。
これで他の事に集中出来ます。



これからサーバを稼働させてみたい。
サーバ運営をしてみたい。

そんな人に少しでも参考になればと思い、読み物的に執筆してみました。

関連記事






お気軽にコメントどうぞ

  • 書き込み頂きましたコメントは、記事などで匿名にて引用・転載させていただく事があります。
  • コメント欄はFacebookのAPIを利用しています。Facebookにログインしている方としていない方では表示が少し異なります。
  • コメントは執筆者に対してはご自由に!掲載記事先の店舗や企業の誹謗中傷とならないようにお願いいたします。
  • 更新日記についてのお願いとご確認

この記事についてお問い合わせ

「こんな環境でした!サーバを自作で稼働させ10年超のまとめ」の記事につきまして、ご意見・フィードバックなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
また、全体のお問い合わせや、岐阜県にてお店のオープン情報などもお気軽に教えてください。(自薦他薦問わず)

明日の日記は何かな!


記事リスト

8118号1枚目の写真
スーパー >

商品への情熱が溢れるスーパー!ひまわり市場へ行ってきました
12月04日07:00 [Sun]
8117号1枚目の写真
ゲンキー > 上尻毛

ゲンキー上尻毛八幡店オープン行ってきました
12月03日16:00 [Sat]
8115号1枚目の写真
平和堂 > 浜大津

西友の跡地に!(仮称)平和堂浜大津店予定地を見に行ってきました
12月03日07:00 [Sat]
8114号1枚目の写真
その他 >

今年もいよいよ終盤ですね!2016年11月更新日記のアクセス解析
12月02日16:00 [Fri]
8113号1枚目の写真
イオン > イオンモール

イオンモール松本はA・B・C棟の建設が始まりました
12月02日07:00 [Fri]
8112号1枚目の写真
飲食店 > スターバックス

ドライブスルーのメニュー表が最新!スターバックス羽島福寿店オープン行ってきました
12月01日16:00 [Thu]
8111号1枚目の写真
バロー > 公正屋

バローが買収した!スーパー公正屋 大月東店行ってきました
12月01日07:00 [Thu]
8110号1枚目の写真
大黒天物産 > ラ・ムー稲葉

大黒天物産長野県初出店!ラ・ムー稲葉店予定地を見に行ってきました。
11月30日07:00 [Wed]
8109号1枚目の写真
スーパー > ぎゅーとら

伊賀市初出店!ぎゅーとらラブリー伊賀西明寺店オープン行ってきました
11月29日16:00 [Tue]
8108号1枚目の写真
スーパー > サンシ

スーパーサンシの(仮称)明和町複合商業店舗は2017年まで工事のようです
11月29日07:00 [Tue]

掲載日のつぶやき

更新日記の下書きから2015年12月30日につぶやいた情報を抽出しています。

フォローもお待ちしています

Facebook ツイッター Google+

掲載希望募ってます!
掲載して欲しい所やおすすめの店舗がありましたら教えてください。(返信無し)
個人店舗の方ネットでのアピール方法レクチャーします。問い合わせフォーム(返信あり型)
閲覧ランキング
ランキング更新 12月04日00:00

注目の話題
オープン行ってきました

□ 私的注目ネタ
イオンラウンジ
高速道路

□ その他・季節もの
大垣ひまわり畑
食べてみました
掲載後追記したネタ
過去記事検索

自システム検索(一致検索向け)

処理時間:0.3891秒