コラム更新日記:印刷用ページ

閲覧用:https://kokokki.com/column/9934-kusurinoaoki_oyada_kouji.html

クスリのアオキ大矢田店はもうすぐ完成が近づいてきました

岐阜県美濃市に建設しているクスリのアオキさんの新店舗、クスリのアオキ大矢田店につきまして現在の様子を見に行ってきました。

昨年クスリのアオキさんが、鮮魚取り扱い店舗を拡充させる計画が明らかになりましたが、核家族化が進む日本において、限られた家計の出費先を巡って競争がさらに激しさを増していますね。


クスリのアオキ大矢田店の様子



クスリのアオキ大矢田店の写真
(クスリのアオキ大矢田店)

こちらですね。

今年の3月いっぱいで完成を予定している店舗です。
朝日がちょっと邪魔しているので、見づらいかもしれませんが、まだ外壁はこれからと言う感じです。



クスリのアオキのバリエーションの多さ



クスリのアオキ大矢田店の写真
(クスリのアオキ大矢田店)

例えばゲンキーさんの場合、食品を扱うようになったら、一気に全店舗同じ形態になりましたよね。

一部大型店では、衣類や生活品の量が多いのですが、これは売り場からくるものですし、北陸地方というのは、1つのお店であれこれ買えるお店というのが重宝され、スーパーセンターの発展にもつながっています。



クスリのアオキ大矢田店の写真
(クスリのアオキ大矢田店)

すでに3月完成ですが、オープニングスタッフの募集なども始まっております。

しかし、クスリのアオキさんの場合、完成してから、少し遅れる傾向もあり、今回の店舗が通常の郊外型の店舗で有ることから、確実なタイミングと言うよりは、コンスタントに出店してくるタイミングだと思います。



個人的に少し代わりつつあるドラッグストアの見方



先日ゲンキーさんが決算発表をした時。
食品の売上が6割を超えていました。

そこで個人的には、利益率がすごくきになったのですね。


ゲンキー:2020年6月期連結
123,603百万円売上に対し、利益2,755百万円 2.22%

クスリのアオキ:2020年5月期連結
300,173百万円売上に対し、利益12,416百万円 4.13%


経営者の手腕とかそういうのはどうでもよく。
ぶっちゃけた話、どれだけ懐に戻しているのかって言うのが気になりだしたらね。


会社員の頃は正直気が付きもしなかったけど、自分でお仕事の見積もりを出して、お仕事をいただき無事にこなし。
お礼を言われつつ、請求書を書くようになると、本当にそれぞれの数字を上げ下げする勇気が悩ましいのです。


ようは自分の懐に入れるさじ加減が、本当に難しい。



経営者が株主さん対して、利益率が高いほうが鼻が高くなるのはわかると思います。


逆に利益率が低い方がそれだけお客様や従業員・次のサービス向上に向けての投資をしているということでね。



家計が皆苦しいのにって思うようになったら、あまりにも利益率を度外視している企業さんを応援したくなってね。

と言う変な見方なのでした。



私の考えは間違いなのでしょうか?
絶対に参考にしないでね。

クスリのアオキ大矢田店

住所: 岐阜県美濃市大矢田
地図:→クスリのアオキ大矢田店の地図 (GoogleMAPS)
経度緯度:
 世界測地系 北緯:35.31.56.2 東経:136.52.37.6
 日本測地系(カーナビ) 北緯:35.31.44.7 東経:136.52.48.2
マップコード:70 690 438*27


(C) SEKKAKU-NET