2022年02月05日 (土) 07時00分 発行 No.10288号

冬限定の郊外の楽しみ!豊田市湧水広場の「氷瀑」を見に行ってきました

280
記録最終編集:2022年02月05日 07:15
筆者:
毎年1月上旬~2月下旬のとても冷え込む時期限定の自然現象?本当に周辺の地域は冷え込む為できるものだと思いますが、愛知県豊田市の湧水広場へ行ってきました。

湧水広場とういう事で、年中湧き水を汲みに来る人が居るような広場でもあるのですが、この時期だけのオブジェがあるそうです。



目次

  1. 豊田市湧水広場へ
  2. 圧巻の氷瀑
  3. さらに左手から上がることもできます
  4. たまには息抜きしてくださいね
  5. 氷瀑・湧水広場

豊田市湧水広場へ



豊田市湧水広場のちずの写真
(豊田市湧水広場の地図)

場所はこちらですね。


愛知県・岐阜県・長野県の県境に近い。
本当五平餅が美味しい地域でもありますが…。


豊田市湧水広場と言う所があります。


広場に到着すると、本当冬以外の季節は湧き水を汲みに来る人が多い所なのでしょうね。
純粋に水を汲みに来ている人もいらっしゃいました。


圧巻の氷瀑



豊田市湧水広場の写真
(豊田市湧水広場)

「氷瀑」と言う漢字


初めてこの地域を知った時、「爆」と言う漢字ではなく、「瀑」だった事で、どうやってよむのかな?と思い真下が、「ひょう‐ばく」で間違いなく。


wikipediaなどによると

「氷柱は、建物の軒下や岩場などから棒状に伸びた氷。軒下などに水滴が垂れてできる氷の柱をさしている。」

ということだそうです。



氷瀑の写真
(氷瀑)

でも、この風景は本当に圧巻ですよね。



さらに左手から上がることもできます



上の写真の左側には階段もありまして、途中まで登ることもできます。



氷瀑を真横からの写真
(氷瀑を真横から)

何っていうのでしょうね。

本当に氷のお城って言いますか…。
そんなイメージに見えなくもないですよね。



氷瀑を真横からの写真
(氷瀑を真横から)

この風景にはですね。


流石に子ども達も興奮してくれましてね。
自分のスマホで写真を撮っていました。



たまには息抜きしてくださいね



何事もストレス社会な今。


あれが正しい。
間違っている。

と言う判断ばかりしていても、人はやっぱりおかしくなってしまいます。


氷瀑を作る為にも、色々な工夫をされているみたいですが、やっぱりこの地域に来ると
気温がさらに一段と寒くなります。


湧水広場の「氷瀑」夜はライトアップもされてさらにきれいだそうです。



側道の道はどちらかと言えば脇道ですので、凍結していることもあります。
いかれるさいは、お気をつけください。

氷瀑・湧水広場

住所: 愛知県豊田市稲武町横川渡4
地図:→氷瀑・湧水広場の地図 (GoogleMAPS)
経度緯度:
 世界測地系 北緯:35.12.22.0 東経:137.30.48.3
 日本測地系(カーナビ) 北緯:35.12.10.4 東経:137.30.59.1
マップコード:368 136 328*51

この記事が役に立ったら、シェアやいいねをお願いします!

いいね・リポストお願いします柴犬 SNSに掲載した投稿を「いいね」「リポスト」していただくと運営の励みになります。
シェアをお願いします柴犬 皆さんから記事の「共有」がさらにやる気があがります。

豊田の記事一覧

バロー堺豊田店オープン行ってきました!着実に関西にエリアを伸ばす中部のスーパー
2023年10月14日掲載
スーパーマーケットバロー堺豊田店予定地と完成時期を確認してみました
2023年7月21日掲載
フィール豊田南店オープン行ってきました!コラボ惣菜がポイント!
2022年3月28日掲載
フィール豊田南店はいよいよ完成!オープンまであと一歩です
2022年2月24日掲載

この記事についてフィードバッグ

「冬限定の郊外の楽しみ!豊田市湧水広場の「氷瀑」を見に行ってきました」の記事につきまして、ご意見・フィードバックなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
また、全体のお問い合わせや、岐阜県にてお店のオープン情報などもお気軽に教えてください。(自薦他薦問わず)

直近の記事

 ワンタッチ  人気ブログランキングへ

今読まれている記事

このページは何?

コラム更新日記は日々変化する街の様子・人の動きなどを楽しくキャッチし、皆さまと 一緒に体験し楽しむことを目的にしているサイトです。 是非、皆様と一緒に街の変化を楽しませてくださいね。
重要な事は下記をご覧ください

過去記事検索

自システム検索(一致検索向け)

新しい記事

掲載希望募ってます!
問い合わせフォーム
(返信あり型)
新しい記事を受け取る
毎日の朝7時には新鮮な記事をお届けしています。どうぞお見逃しなく。
たまにはお楽しみに、1日に2回の更新もあるかもしれません。
その他コンテンツ
レンタルサービス