コラム更新日記:印刷用ページ

閲覧用:https://kokokki.com/column/1759.html

カインズモール垂井店断念

今朝、地元新聞でもある中日新聞の地方欄にこんな記事が出ていました。

「カインズ垂井への出店を断念」

まさに決定が出ました。
来年秋に出店を計画していたカインズが、垂井町内への出店を断念するとの通達を垂井町へしたそうです。

そもそも今回の件は、カインズモールを岐阜県西濃地方へ出店させる計画から始まりました。


当初は垂井店では無く、関ヶ原だったのです。


拡大地図を表示

関ヶ原インターから国道21号線へ進むと、旧国道21号線、関ヶ原バイパス(R21号線)へと繋がります。

このポイントへカインズが出店を計画したそうです。


関ヶ原町内の出店計画ポイント
関ヶ原町内の出店計画ポイント


しかし…。

計画は反対の意見とともに、頓挫…。


次に検討されたのが、今回の垂井町と言われています。

カインズモール垂井店計画ポイント
カインズモール垂井店計画ポイント


拡大地図を表示


実はこの土地へ決めたのは、カインズでは無く、それを進めた企業が居ます。

でも…。

カインズ本体は垂井町を評価した時…。

「行ける」と言う確信へつなげられなかったそうです。


計画は進み、垂井の行政も後押しする形になったけれど、出店反対の嘆願書が出たことや、大垣市内にライバル業者の出店の加速を受け、昨日出店計画の中止をしたそうです。



カインズってPLANTまで安くは無かったけど、ちょっと安かったのに…。


ただ…。

何よりネックなのは、他店が出店している事より、国道21号線の垂井町内の混み具合でしょう…。


垂井町を東西に挟み、すでに片側2車線に拡張されているのに、垂井町内だけが、片側1車線…。

あのお盆時期の渋滞を見て、出店したがる経営者は少ないでしょう。


何か…。



一昔前の「グランドタマコシ」が垂井店を建設し、猛反対で中止になった頃を思い出します。


「グランドタマコシ」が来ると、商店街がやられるから?…。

中止になったけれど、商店街はもう駄目じゃん。


「グランドタマコシ」跡地に「ヨシヅヤ」が参入して「アミ」として出店したけれど、「グランドタマコシ」は何故反対だったの? アミは地元の商店街を受け入れる体制が整っていたから?


垂井町の税収アップにも繋がったのにね。


新しい事や物を受け入れるのは、駄目な事ですか?

古きを守るのも大切ですが、商店街やアミ店舗は古き物でしょうか?

ショッピングセンターが人口に対して多すぎることは、行けないことでしょうか?


やっぱり自分の住んでいる行政内で、お金を使った方が良いじゃないですかね。

今のままじゃ、明らかに町内より、町外へお金が流出しています。


ちょっぴり残念でした。


(C) SEKKAKU-NET