2021年12月24日 (金) 07時00分 発行 No.10245号

ネットのチカラ!本格的なケンタッキー州のフライドチキンのお肉を再現できるブレンドパウダーで唐揚げ作ってみました

277
記録最終編集:2021年12月24日 08:00
筆者:
ネットのチカラ!本格的なケンタッキー州のフライドチキンのお肉を再現できるブレンドパウダーで唐揚げ作ってみました 今日は12月25日ということで、すっかり日本のクリスマスと言えば、ジャンクフードでもあるフライドチキンを食たべる季節ということで、今回は我が家で、自作チキンを食べてみることにしました。

そもそもケンタッキーのフライドチキンを食べるようになった理由は、海外から日本に仕事でやってきた家族が、まだ全然海外の食事に関するクリスマス文化が日本には無く。
七面鳥が食べられないのなら、せめてということで、購入しにやってきた話がきっかけと聞いています。

日本人の場合、この手の食べ物は、まだ珍しい部類珍しい時代でもあり。その結果、ある種のごちそうでもあり、うまい具合にそういう流れになったのも、面白い展開でもあります。



目次

  1. 本格的なケンタッキー州のフライドチキン
  2. 今回準備した物
  3. フライヤーを準備していきます
  4. 揚げていきます
  5. せっかくなのでフライヤー
  6. ケンタッキー州のフライドチキン
  7. 関係する記事一覧

本格的なケンタッキー州のフライドチキン



本格的なケンタッキー州のフライドチキンの写真
(本格的なケンタッキー州のフライドチキン)

年々KFCで買うことも何故か困難に、そもそもKFCジャパンの場合、日本の鶏肉にこだわっていることもあり、ボリューム感と価格での満足感に差があったりね。

ということで、我が家では子どもも居ることから、年々手作りと言う流れになっております。


ということで、今年はAmazonで「唐揚げ粉」で検索した所、ベストセラーで出てきた品!



本格的なケンタッキー州のフライドチキンを再現できるブレンドパウダー

で、唐揚げ・骨なしフライドチキンを作る事にしました。


本格的なケンタッキー州のフライドチキンを再現できるブレンドパウダーの写真
(本格的なケンタッキー州のフライドチキンを再現できるブレンドパウダー)


ちなみに今回の品は、KFCではなく、「本格的なケンタッキー州のフライドチキン」ということで、本場ケンタッキー州の味が楽しめるそうですよ。



さっそくAmazonで購入してみたのですが、1袋で、計算して、お肉は1.2~1.3kgくらい使えることが判明。
せっかくなので、一気に使う事にしました。


入っていた粉は水で溶かす「バッター液」、揚げる直前につける「まぶし粉」と別れていました。



いわゆるフライの場合、溶き卵とパン粉って感じですね。
また、説明書には、高温で揚げて、低温でゆっくり揚げる2度揚げの手順が書かれています。


今回はできる限りそれに近い感じで揚げて見ることにしました。



今回準備した物



フライヤーの写真
(フライヤー)

ということで、Youtuberではありませんが、業務用ではなく。

家庭用では最大級のフライヤーを用意しました。


フライヤーのレビューはこちらのブログにも執筆しています。

しむふり生活:家庭用大型電気フライヤーで揚げ物まつりをしたら最高でした



油の量は5Lタンクなので、最大4Lまで入れられるそうです。
ちなみに最低ラインとしては、3.5L必要なので、結構考えないとやばいフライヤーでもあります。



鶏肉1.2kgくらい準備しましたの写真
(鶏肉1.2kgくらい準備しました)

トライアルのオープン特化のもも肉とカネスエさんの胸肉を準備しました。

油の価格より安いです。



フライヤーを準備していきます



油を入れて温めますの写真
(油を入れて温めます)

それでは油を入れてフライヤーの温度を温めていきます



パウダーの写真
(パウダー)

同時進行にてケンタッキー州のパウダーも準備していきます。



揚げていきます



準備ができたので揚げていきますの写真
(準備ができたので揚げていきます)

どんどんお肉にパウダーをまぶして、揚げていきます。


油が新品なので、とにかく色艶がいいですよね。



揚がりの写真
(揚がり)

こんな風にカリカリに揚がっていきます。


KFCの場合、

1.サイ(腰)
2.ウイング(手羽)
3.キール(胸)
4.リブ(あばら)



5.ドラム(脚)

を交互?対!組み合わせで入れていくことが多いですよね。


なにで、何が入って来るのか分からない。



ちなみに日本で海外産のもも肉が安く販売されている理由は、海外はむね肉の方が重宝されており、もも肉は人気がないそうです。

そこまで日本人は脂=柔らかい=おいしいと言う判断なのですかね。



胸肉の写真
(胸肉)

今回はもも肉・胸肉の両方に、本格的なケンタッキー州のフライドチキンを再現できるブレンドパウダーを使っています。

結構豪華なのかもしれません。



せっかくなのでフライヤー



エビフライの写真
(エビフライ)

せっかくなのでね。

今回はエビフライも揚げたりしています。

さらにフライドポテトも揚げました。



ケンタッキー州のフライドチキン



フライドチキンの写真
(フライドチキン)

今回は本格的なケンタッキー州の味ということですが。これが結構美味しい!



実際日本のKFCとの違いは…。

わかりませんが、ちょっとケンタッキー州の方が濃い目かな??



もも肉の写真
(もも肉)

もも肉も胸肉も食べてみましたが、やっぱり冷めて美味しいには、もも肉かな?

これは日本人の舌だからですかね。



でも、正直KFCの味とあまり変わらない。
お家で楽しめるケンタッキー州のフライドチキンということで、ブレンドパウダーを買ってみました。


皆さまはクリスマス何か食べましたか?


今回のブレンドパウダーはこちらのブログでも執筆しています。


オリョポートフォリ:Amazonベストセラー ケンタッキーブレンドパウダー で唐揚げを作ってみました

この記事が役に立ったら、シェアやいいねをお願いします!

いいね・リポストお願いします柴犬 SNSに掲載した投稿を「いいね」「リポスト」していただくと運営の励みになります。
シェアをお願いします柴犬 皆さんから記事の「共有」がさらにやる気があがります。

肉の記事一覧

伝説のすた丼屋岐阜鏡島店オープン行ってきました!岐阜県初出店のお店です
2023年8月10日掲載
松屋のパーキングエリア限定の牛肉ラーメンを食べてみました
2022年10月9日掲載
相変わらずのあふれる唐揚げ!手作り弁当 まるごでもう一度唐揚げ弁当を食べてみました!
2022年8月21日掲載
久々にすたみな太郎に行ったら!日本で働く働き盛りでいっぱいでした
2022年2月12日掲載

新しい記事をお届けします

Newsletter Subscription
新しい記事が公開されるとメールでお知らせします。

この記事についてフィードバッグ

「ネットのチカラ!本格的なケンタッキー州のフライドチキンのお肉を再現できるブレンドパウダーで唐揚げ作ってみました」の記事につきまして、ご意見・フィードバックなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
また、全体のお問い合わせや、岐阜県にてお店のオープン情報などもお気軽に教えてください。(自薦他薦問わず)

直近の記事

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ  人気ブログランキングへ

今読まれている記事

このページは何?

コラム更新日記は日々変化する街の様子・人の動きなどを楽しくキャッチし、皆さまと 一緒に体験し楽しむことを目的にしているサイトです。 是非、皆様と一緒に街の変化を楽しませてくださいね。
重要な事は下記をご覧ください

新しい記事を受け取る
毎日の朝7時には新鮮な記事をお届けしています。どうぞお見逃しなく。
たまにはお楽しみに、1日に2回の更新もあるかもしれません。

Newsletter Subscription 他のぶやきあり

新しい記事

掲載希望募ってます!
問い合わせフォーム
(返信あり型)
その他コンテンツ
レンタルサービス