2011年12月13日 (火) 07時00分 発行 No.5054号

甚五郎らーめんの高山ラーメンを食べてみました

89
筆者:
寒い季節になってくると、無性に高山ラーメンが食べたくなりましてね。あの醤油ベースのシンプルなラーメンを食べに、前々から気になっているラーメン店に食べてに行ってきました。

岐阜県高山市の中心街、JR高山駅から歩いて10分~20分くらいの距離感という感じでしょうか?




甚五郎らーめんの店舗の写真
(甚五郎らーめんの店舗)

国号158号沿いに今回のお店があり、車で高山市に入られる方は、だいたい通行する通路なのかな?

特に高山ICが開通する前は、結構観光客の方が通っていた道だった記憶があります。

写真の左からラーメン店、製麺所、タイヤやさんと言う感じで、右側に駐車場があります。




甚五郎らーめんの店舗の写真
(甚五郎らーめんの店舗)

比較的綺麗な店舗で、カウンター席と、テーブル席があります。

今回は11時頃に入店したので、比較的空いていましたが、帰宅時には少しずつお客様が混み出してきており、順番待ちまではないのですが、ある程度人数が多いときは、早めの来店が必要かもしれません。




甚五郎らーめんのメニューの写真
(甚五郎らーめんのメニュー)

メニューは比較的簡素です。

高山ラーメンなので、餃子などのサイドメニューは無く、ラーメン、チャーシュー麺、ビールといった素朴なメニューです。


でも、こう言うシンプルさがうれしいです。




甚五郎らーめんのごはんの写真
(甚五郎らーめんのごはん)

ラーメンを注文するとご飯もセットで付いてくるので、ラーメンを注文しました所、まずはご飯が出てきました。

白ご飯と、高山ラーメンらしくかぶのお漬け物です。


かぶの漬け物がラーメンにも合うんです。




甚五郎らーめんのラーメンの写真
(甚五郎らーめんのラーメン)

ラーメンが出てきましたよ。

細い縮れ面に、濃い色をした醤油スープのラーメン。
これが高山ラーメンの素朴さでもあり、おいしさですね。


シンプルがゆえにごまかしが利かなく、本当にさっぱりおいしいです。

チャーシューも通常ラーメンで2枚ほど付いてきましたが、2~3cmの厚切りチャーシューで、とても柔らかておいしかったです。


やっぱりラーメンが好きなんだなぁ~とつくづく感じながら、最後までご馳走様でした。



店名:甚五郎らーめん

住所: 岐阜県高山市西之一色町2-132-1
地図:→甚五郎らーめんの地図
経度緯度:
 世界測地系 北緯:36.08.17.5 東経:137.14.58.1
 日本測地系(カーナビ) 北緯:36.08.06.2 東経:137.15.09.0
マップコード:191 195 189
時間:10:30~14:30 20:00~26:00 (日・第一/二月のみランチ営業)

この記事が役に立ったら、シェアやいいねをお願いします!

いいね・リポストお願いします柴犬 SNSに掲載した投稿を「いいね」「リポスト」していただくと運営の励みになります。
    シェアをお願いします柴犬 皆さんから記事の「共有」がさらにやる気があがります。
  • 飛騨高山中華そば「高砂」食べてみました (2011年08月16日 (火) 14時00分)
  • 無鉄砲の原点「豚の骨・がむしゃら」の豚骨ラーメンを食べてみました (2011年12月04日 (日) 07時00分)
  • 豚骨ラーメン一平ちゃん「可児市」食べてみました (2011年11月17日 (木) 07時00分)
  • 名古屋流タンメンです「元祖タンメン屋」大垣店を食べてみました (2011年11月05日 (土) 07時00分)
  • 凄いボリューム!らーめんがんちゃ食べてみました[甲府市] (2011年11月03日 (木) 07時00分)
  • この記事についてフィードバッグ

    「甚五郎らーめんの高山ラーメンを食べてみました」の記事につきまして、ご意見・フィードバックなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
    また、全体のお問い合わせや、岐阜県にてお店のオープン情報などもお気軽に教えてください。(自薦他薦問わず)

    直近の記事

     にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ  人気ブログランキングへ

    今読まれている記事

    このページは何?

    コラム更新日記は日々変化する街の様子・人の動きなどを楽しくキャッチし、皆さまと 一緒に体験し楽しむことを目的にしているサイトです。 是非、皆様と一緒に街の変化を楽しませてくださいね。
    重要な事は下記をご覧ください

    新しい記事

    掲載希望募ってます!
    問い合わせフォーム
    (返信あり型)
    新しい記事を受け取る
    毎日の朝7時には新鮮な記事をお届けしています。どうぞお見逃しなく。
    たまにはお楽しみに、1日に2回の更新もあるかもしれません。
    その他コンテンツ
    レンタルサービス