2019年09月29日 (日) 07時00分 発行
最終編集:2019年09月29日 07:07

アサヒビール名古屋工場の工場見学三ツ矢サイダーイベントに参加してみました

0
もう10年くらい前から工場見学へちょこちょこでかけていましたが、最近また工場見学へ行くようになり、7年ぶりにアサヒビール名古屋工場へ工場見学へ行ってきました。

流石に7年も経過していると、覚えていないって言うことと、工場側も色々変わっている事にびっくりしました。



正門を通り見学受付へ



アサヒビール名古屋工場の写真
(アサヒビール名古屋工場)

アサヒビール名古屋工場の見学を予約した方は、正門の守衛さんのところで、まず予約の確認をされ、工場の通り方を教えてもらい…。

↑の工場見学用の建物へ向かいます。




アサヒビール名古屋工場の工場見学受付の写真
(アサヒビール名古屋工場の工場見学受付)

何がびっくりしたのかといえば…。

7年前とは打って変わって、海外の観光客の人も来るようになり…。

受付の人が、日本人と中国の方に変わり、パンフレットも各種言語が準備されていて、これもインバウンド効果なのですね。

日本のビールはアジア圏では人気との報道が最近あるみたいですけど、本当そんなことを実感するかのようです。




三ツ矢サイダーのシュワシュワイベント



見学コース出発前の写真
(見学コース出発前)

今回は週末だけ9月に実施している三ツ矢サイダーのイベントも入っているので、見学コースが始まると、今日の予定と注意事項などを軽く紹介してもらえます。


ちなみに…。

7年前は撮影禁止だったところが解禁。
でも、録音などが禁止だそうで、動画の撮影はまだ解禁されていません。

工場を写真で撮影することができるようになったのは、びっくりする時代の流れでもありますね。



三ツ矢サイダーのイベントの写真
(三ツ矢サイダーのイベント)

三ツ矢サイダーのイベントは、まず簡単に三ツ矢サイダーの由来を子どもにもわかりやすく説明してくれます。



3つの矢の写真
(3つの矢)

この手の時代の伝説って、だいぶ盛りすぎていると思うのは、自分が大人になったからだと思いますけど…。

詳しくはwikipedia:三ツ矢サイダーを見ればわかりますので、是非ご参考に…。



その後は工場見学です



ビールのタンクの写真
(ビールのタンク)

工場にあるタンクからスタートし、30分くらいのウォーキングコースが始まります。

タンク1つ400キロリットルも入る容量となっており、大人の人なら3000年以上かかるビールが、こちらのタンクに入っています。



建物の入り口の写真
(建物の入り口)

入り口に入りますと、こちらの広いホールですね。
ビールの作り方・ビールに必要な材料が描かれています。




ビールの生産現場へ



ビールの生産現場の写真
(ビールの生産現場)

まずは仕込み層ですね。

ビールの原料というのは…。



大麦の写真
(大麦)

ホップの写真
(ホップ)

大麦とホップと水からできており。

そこに酵母を入れて発酵させる事でビールができます。




ろ過装置の写真
(ろ過装置)

発酵したビールっていうのは、すごく濁っているので、ろ過装置を通して、半透明の飲み物にします。




ろ過装置の写真
(ろ過装置)

こんなふうに濾過されます。
本当くっきりですね。



濾過されたビールは…。

煮沸釜 → ワールプール という工程を通って、発酵熟成タンクへ。
そしてビールの完成ですね。



ビールが梱包される様子



残念ながら日曜日っていうことで工場は稼働していなく。


充填の写真
(充填)

アルミ缶への充填。


アルミ缶の写真
(アルミ缶)

こちらの缶へビールを詰める様子などは見られなかったのですけど…。


ミニ缶の写真
(ミニ缶)

こちらのミニ缶は、名古屋工場のみで詰めているそうです。

こちら海外の人に持ち帰るよう人気だそうで、あと、日本ではお盆シーズンになると、お供え物としても人気だそうです。




箱詰めの写真
(箱詰め)

箱詰めの様子も止められていますけど…。

こんなラインがありますって感じで見学は終わりました。


もう見学コースも半分くらいまで行くと、ほとんどの方は、喉が乾いたな〜って思うわけでね。



ビールの試飲会



ビールの写真
(ビール)

待望のビール試飲会が始まりました。

今回は

・スーパードライ
・ドライプレミアム豊醸
・アサヒスーパードライ ドライブラック

の3種類試飲ができました。

以前は飲み終わったところで、コップを渡し、新しいビールって流れだったのですが、お一人様3杯まで、一気に貰う事ができるようになり…。

飲み比べもOKですと緩和されていました。


また、ビールにあうおつまみも最高に美味しい。


黒ビールの写真
(黒ビール)

個人的にあまり黒ビールって飲まないのですけど、今回自分が渋いのも行けるようになったからなのか、飲んでみたらこれが結構美味しい。

こうやって飲んじゃうと、やっぱり缶ビールでも買って飲んでみたいって思っちゃいますね。



ソフトドリンクの写真
(ソフトドリンク)

ビールの試飲ができない人は・・。
こちらのソフトドリンクが同じように3杯までもらえます。

三ツ矢サイダーのイベントということで、ほとんどファミリーのお客さん、ほとんどのお父さんは飲んでいるのですけど、お隣のお父さんだけは、運転もあり控えていたようで…。

その真横でグビグビ飲んでいる物ですけど…。
ちょっと気まずくも…。

美味しく頂いてしまいました。





今回三ツ矢サイダーのイベントということで、子どもには、サイダーのお土産がついてきましたよ。


おみやげコーナーもあります



ビールセットの写真
(ビールセット)

見学コースは時間制限がありますので、時間が経過すると帰宅しなくてはいけません。

そのまま出ようとすると、おみやげコーナーを通るわけですね。


ビールや、先程のおつまみ、アサヒ飲料の各ジュースのTシャツなども売っていました。



やっぱりビール好きは試飲ができることが嬉しい工場見学なのでした。

アサヒビール名古屋工場

住所: 愛知県名古屋市守山区西川原町318
地図:→アサヒビール名古屋工場の地図 (GoogleMAPS)
経度緯度:
 世界測地系 北緯:35.12.46.8 東経:136.57.26.7
 日本測地系(カーナビ) 北緯:35.12.35.2 東経:136.57.37.3
マップコード:4 475 157

工場見学の記事一覧






この記事についてお問い合わせ

「アサヒビール名古屋工場の工場見学三ツ矢サイダーイベントに参加してみました」の記事につきまして、ご意見・フィードバックなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
また、全体のお問い合わせや、岐阜県にてお店のオープン情報などもお気軽に教えてください。(自薦他薦問わず)

明日の日記は何かな!


記事リスト

10220号1枚目の写真
スーパー > フィール

田原市初!フィール田原店オープン行ってきました
11月29日07:00 [Mon]

掲載日のつぶやき

更新日記の下書きから2019年09月29日につぶやいた情報を抽出しています。

執筆者にフォローもお待ちしています

プロフィール

ハンドルネームかぴばらと申します。

変わったの好き、東海地方を中心として、スーパーマーケットを巡っています。街・町・村の変化を見ているのが楽しくこのブログを運営しています。
本名などは非公開にしていませんので、時々掲載していますが、身内への影響なども考慮し、時々公開しています。

Facebook ツイッター youtube

☕コーヒー代・⛽ガソリン代の一部を支援したい

※もしよろしければYoutubeチャンネルも運営しています。最近はこちらにオープンした時の感想動画もアップしています。Youtubeチャンネルの「メンバーになる」から、メンバーシップにご参加いただけませんか?

Youtubeチャンネル かぴばらさんの動画

このページのポリシー

このサイトは?ポリシーにつきましてのお知らせ

掲載希望募ってます!
問い合わせフォーム(返信あり型)
閲覧ランキング
ランキング更新 11月30日

注目の話題
オープン行ってきました

□ 私的注目ネタ
イオンラウンジ
高速道路

□ その他・季節もの
大垣ひまわり畑
食べてみました
掲載後追記したネタ
過去記事検索

自システム検索(一致検索向け)

処理時間:0.2988秒