2023年11月19日 (日) 07時00分 発行 No.10942号

すき家のたまかけ朝食で見る朝ごはんの栄養バランスと物価上昇問題

621
熟成最終編集:2023年11月19日 21:05
筆者:
最近は色々なブログやニュースサイトでも、すき家の卵かけご飯を取り上げるサイトさんが増えていました。私もそんな朝定の存在を知ってから、すでに10年が経過しております。

そんな私も、何度もすき家の朝定を食べており、やすさと早さに感謝の気持ちでいっぱいです。この10年の変化を改めて知ったので、記事にすることにしました。


目次

  1. たまごかけごはん朝食からたまかけ朝食へ
  2. 個人的には朝定は混ぜのっけ朝食
  3. さらによくを言うのなら
  4. 昨今の物価上昇を分析してみました
  5. 過去の先輩が乗り越えられたのだから!

たまごかけごはん朝食からたまかけ朝食へ



10年前の記事から画像を使います。

すき家の朝定の写真
(すき家の朝定)

今から10年前と言えば、まだメニューはタブレットではなかったので、こんな紙のメニュー表がありました。
しかも見てください。

名前は元祖の名前らしく、たまごかけごはん朝食!しかも、お値段が200円なのです。
まさにデフレの真っ只中の価格ですね。



現在の朝定の写真
(現在の朝定)

そして、現在はたまごかけごはん朝食から、たまかけ朝食と名前をシンプルに短縮化していることが、まさに定番化したことを意味しています。


価格は10年前200円だったのが、現在は290円と10年で90円の値上がりです。
これを90円と見るか、約45%の値上がりと見るかですごい違いが生まれます。



個人的には朝定は混ぜのっけ朝食



混ぜのっけの写真
(混ぜのっけ)

10年も経過すると、さらにバリエーションとメニューラインナップが増えまして、「混ぜのっけ系」という朝定が増えています。

どちらも一番安いもので、290円と同じ価格ですね。


大きな違いは

卵:生卵→温泉卵
一品:納豆→オクラ

と言う事です。


ちなみにPFCバランスで見ると

すき家の朝定のバランスの写真
(すき家の朝定のバランス)

混ぜのっけの方が炭水化物を抑えて、タンパク質が高めとなっております。
でも、どちらも理想に近い形ですね。

緑の線は、朝ごはん1日の必要な栄養バランスを2/7で割った時の理想量の範囲です。
すき家はまさに理想の朝ごはんでもあるのですね。



さらによくを言うのなら



支払い金額の写真
(支払い金額)

私の場合、ご飯は標準だとあすけんの先生に怒られるので、ミニサイズにしています。
朝から炭水化物を取りすぎですってね。


ごはんの量を少なくすると30円安くなります。
皆さんはネバネバ系は好きですか?



昨今の物価上昇を分析してみました



あくまでも1つの目安です。
ものの考えとして見て欲しいのです。

過去10年で45%の価格上昇という恐ろしい値上げです。
果たして過去に例はないのでしょうか?

時給と消費者物価指数の推移の写真
(時給と消費者物価指数の推移)

過去1970年代の高度経済成長の時代から総務省統計局 「消費者物価指数」厚生労働省「地域別最低賃金改定状況」のデータを使った独立行政法人 労働政策研究・研修機構のデータをさらに使い、折れ線グラフを作ってみました。

下側にある青・赤のグラフは過去の日本の平均時給推移です。
2000年頃から、日額による統計から、時給計算による統計に変わっているため、折れ線グラフでは、日額は8時間で見ていますが、実際サービス残業も酷い時代だったことから、10時間でも計算しています。


あくまでも1つの指標に過ぎません。
このグラフを見ると、高度経済成長の時代の方が、物価上昇に賃金が追いついていないと読み取れます。



過去の先輩が乗り越えられたのだから!



混ぜのっけの写真
(混ぜのっけ)

卵かけご飯がちょっと値上がりしたくらいで何って思うかもしれないけど、これって実は経済の大きな動きを象徴しています。


昔の人たちが経済成長の波をどうやって乗り切ったか、その話は今の私たちが経済で苦労している時に、なかなか参考になる経験だと思います。


物価が上がって給料が追いつかないっていうのは、生活がちょっときつくなってる証でもあり、これを機にどうしようかって考えになるかもしれない。
過去から学んで、これからに備えることが、結局は私たちの生活を守ることにつながるような気がしました。


以上たまかけご飯から、現在の物価上昇についてです。
とにかく苦しくても乗り切りたい!って思いたいですね。

この記事が役に立ったら、シェアやいいねをお願いします!

いいね・リポストお願いします柴犬 SNSに掲載した投稿を「いいね」「リポスト」していただくと運営の励みになります。
シェアをお願いします柴犬 皆さんから記事の「共有」がさらにやる気があがります。

朝ごはんの記事一覧

善光寺のお朝事後はここ!長野「うどん たかの」で絶品の朝うどん体験
2023年12月29日掲載
日本最大規模の野菜生産工場をもつちこり村の朝ごはんが再開したので食べてみました
2023年12月17日掲載
朝ごはんにあう名古屋めしと言えばきしめん!?朝から名古屋めし食べてみました
2023年3月21日掲載
亀山PA(上)の亀山亭にて朝ごはんに温玉伊勢うどんを食べてみました
2022年12月24日掲載

この記事についてフィードバッグ

「すき家のたまかけ朝食で見る朝ごはんの栄養バランスと物価上昇問題」の記事につきまして、ご意見・フィードバックなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
また、全体のお問い合わせや、岐阜県にてお店のオープン情報などもお気軽に教えてください。(自薦他薦問わず)

直近の記事

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 東海情報へ  人気ブログランキングへ

今読まれている記事

このページは何?

コラム更新日記は日々変化する街の様子・人の動きなどを楽しくキャッチし、皆さまと 一緒に体験し楽しむことを目的にしているサイトです。 是非、皆様と一緒に街の変化を楽しませてくださいね。
重要な事は下記をご覧ください

過去記事検索

自システム検索(一致検索向け)

新しい記事

掲載希望募ってます!
問い合わせフォーム
(返信あり型)
新しい記事を受け取る
毎日の朝7時には新鮮な記事をお届けしています。どうぞお見逃しなく。
たまにはお楽しみに、1日に2回の更新もあるかもしれません。
その他コンテンツ
レンタルサービス