コラム更新日記:印刷用ページ

閲覧用:https://kokokki.com/column/8617-shintoumei_speed_limit_110.html

新東名高速道路の制限速度がついに110km/hへ!実施区間を走ってみました

新東名高速道路は、制限速度が120km/hを基準に設計された高速道路ということで、何かと話題になっておりましたが、いよいよ日本の道路が制限速度110km/hへ上げられました。

新静岡IC→森掛川ICまでの約50kmの区間ですが、実際に走ってみました。


日本の道路交通法



新東名高速道路の写真
(新東名高速道路)

日本の道路交通法では、日本の道路は最大で100km/hまでしか走れない法律になっており、新東名高速道路が建設された際、どんなに頑張っても法律を替えないと無理な状態だったのですね。

でも、法律が制定された時代と、現代の時代は変わり・・。


安全に関する技術も相当進みました。
また、自動運転に関する時代にまで来ており、道路交通法に関する見方も変わりつつある現在の状況です。




11月から110km/h



新東名高速道路の110km/h区間の写真
(新東名高速道路の110km/h区間)

今年の11月1日から、新東名高速道路の新静岡ICから、森掛川ICの手前くらいまでの、約50kmの区間において、制限速度がいよいよ110km/hへあげられました。



今回の制限速度試用区間の写真
(今回の制限速度試用区間)

青い部分です。
あくまでも試験的な物であり…。

期間はまだ決まっておりませんが、最低でも1年間は実施するとの事です。


暗黙の了解なのか…。

120km/hへ向けて、この試験中の速度超過の取締や事故などの件数を、見て、いろいろ判断されるのだと思います。



110km/h区間を実際に走ってみて



110km/hの区間の写真
(110km/hの区間)


50kmの110km/h区間すべて、3車線の区間かと思いきや、そんなことは無く…。

比較的カーブもなく、傾斜も無い道だから選ばれた区間のようです。



新静岡ICの手前くらいから、110km/h区間である案内があり…。
終わりは、森掛川ICの手前くらいに、↑の看板があり、110km/h区間が終わった案内があります。


実際に走ってみますと、トラックなどの大型車はリミッターで90km/h以上は出にくい仕様なのですよね。

なので3車線から2車線に細くなる時、どうしても混み合います。
でも、3車線の区間は本当にスピーディーに走ることが出来ました。



最初は目がなれるまで、105km/hくらいでいいかな?って思いましたけど、最後は110km/hで十分。

120km/hはどんな世界なのかな?って感じでもあります。




既存の車はクルーズコントロールが限界



私の車はクルーズコントロールのMAXが110km/hになっており、これ以上上げられません。

只今の試験走行の間は、申し分ありませんが、これからの市販車がどういう対応を取るのか、気になる所でもありますね。




実際110km/hになったかと行って、50kmの区間が30分から28分になり、2分間の短縮になります。

めっちゃ早くなったわけじゃないけど、カップ麺1つ作れるくらい、短縮ができるというのは、利点もあり、あまり変わらないんじゃないか!って言う点もあり…。


皆様は如何感じられますか?



途中の休憩スポット



掛川PAの写真
(掛川PA)

途中には静岡SAや掛川PAなどの休憩スポットがあります。


途中の掛川PAにて、あさごはん。




もりそば&ミニ牛丼の写真
(もりそば&ミニ牛丼)

朝からもりそばとミニ牛丼を食べて、元気いっぱい。


時代がスピーティになりつつも、トラックの方には、難しい問題ですけど、実際問題そんなに変わらないかな?

変わるのですかね?


今回の110km/h区間を走ってみました。



動画も作りました



Youtube:新東名高速道路の制限速度がついに110km/hへ!実施区間を走ってみました

実際に走ってみて、ブツブツ感想を言いながらの動画作ってみました。


・怖さ
・トラックとの合流
・パーキングエリアの利用
・110km/hの終わりの様子

となっております。

是非ご参考にしていただけましたら幸いです。


新東名高速道路 新静岡IC

住所: 静岡県静岡市葵区下
地図:→新東名高速道路 新静岡ICの地図 (GoogleMAPS)
経度緯度:
 世界測地系 北緯:35.02.29.2 東経:138.22.41.7
 日本測地系(カーナビ) 北緯:35.02.17.4 東経:138.22.52.7
マップコード:25 735 532*15


(C) SEKKAKU-NET