コラム更新日記:印刷用ページ

閲覧用:https://kokokki.com/column/8700-kamameshi_kama_taku.html

峠の釜めし本舗おぎのやの釜を使って釜めしを作ってみました

群馬県や長野県にお店を構えている、峠の釜めし本舗おぎのやさんの釜めし、美味しいですよね。

なかなか岐阜県では味わう機会がないものの…。今回は以前食べた釜めしの釜を再利用して使ってみて、実際に釜めしを炊いてみました。



おぎのやの釜



おぎのやの釜の写真
(おぎのやの釜)

こちらですね。

本当こういう料理は、現地に行くと興奮しちゃいますけど、実際に買うと、結構処理に困っちゃったりね。

でも…。

本来こちらの釜って、何度も使える物ですよね。
なので、おぎのやの釜を使って、ご飯を炊いてみます。


実際の作り方につきましては、釜めしのおぎのやさんのホームページを参考にさせて頂きました。

参考元:峠の釜めしの釜を使ったご飯の炊き方



釜は1合サイズです



おぎのやの釜を再利用の写真
(おぎのやの釜を再利用)

1.お米を1合入れます。
2.具材を入れます。
3.調味液を入れます。



調味液の作り方の写真
(調味液の作り方)

今回は…。みりんの代わりにめんつゆを使っています。




ガスレンジで炊きます



強火の写真
(強火)

最近の子たちはキャンプとかの炊飯の経験ってあるのでしょうか?


はじめは強火、だんだん弱火にしていき、最後は蒸らすという順番にやっていきます。




火力とフタの調整の写真
(火力とフタの調整)

飯盒の場合は、フタをしっぱなしですけど、釜めしのかまの場合は、順番にフタをしめていくそうです。





釜めしの完成



できあがりの写真
(できあがり)

完成するとこんな感じです。

本当に適度におこげも出来ていて、またこのおこげが美味しいのですよね。

熱々言いながら、美味しく食べることが出来ました。




動画にしてみました



Youtube:釜めしパパずるいぞ!峠の釜飯の釜で炊き込みごはんを再現

そんな様子を動画にしてみました。


上手に出来ましたので、是非参考にしていただけましたら幸いです。


ごちそう様でした。


(C) SEKKAKU-NET